30代女性におすすめの腸内フローラサプリランキング

腸内フローラサプリランキング
順位商品名特徴
ビセラ「生」菌が1兆個も配合された腸内フローラサプリ
ラクビ酪酸菌と相性のいい成分で体内フローラをサポート
乳酸菌革命乳酸菌の種類が断トツに豊富な乳酸菌サプリ

 

テレビでも話題の「腸内フローラ」とは

私たちの腸内には種類で1000種類以上、数で1000兆個以上の最近が住み着いています。
これらの腸内細菌を花にたとえ、「腸内のお花畑」または「腸内フローラ」と呼んでいます。
私たちの食べ物や生活習慣によって、「腸内フローラ」は変化し、体調にも影響を及ぼします。暴飲暴食や不規則な生活を続けると「腸内フローラ」のバランスが悪化し、免疫力、消化吸収力の低下へと繋がり、病気にかかりやすくなるといわれています。

 

腸内フローラの細菌の種類

先程も説明した通り、腸内フローラの細菌は主に3つの種類に分けられます。

では、これらはそれぞれ一体どんな細菌なのでしょうか?

善玉菌

善玉菌とは、腸内環境を整えて良い影響をもたらしてくれる細菌です。

ビフィズス菌や乳酸菌は、善玉菌に分類されます。

整腸作用はもちろんのこと、身体の免疫力の向上やアンチエイジング効果などさまざまな方面で良い効果をもたらします。

悪玉菌

悪玉菌とは、善玉菌とは反対に、人体にとって有害な物質を生成する細菌です。

ウェルシュ菌やブドウ球菌、大腸菌(有毒株)は、悪玉菌に分類されます。

悪玉菌が増えることによって、腸内環境が乱れて免疫力が低下し、肌荒れなどの皮膚トラブルなどさまざまな問題を引き起こします。

日和見菌(ひよりみ菌)

日和見菌は、立場が非常に曖昧(あいまい)な菌で「薬」にも「毒」にもなる菌です。

善玉菌の方が数が多くて身体が健康に機能している場合は害を及ぼしませんが、悪玉菌の数が増えると腸内で悪玉菌と同じ働きを見せるようになります。

バクテロイデスや大腸菌(無毒株)、連鎖球菌は日和見菌に分類されます。

 

30代女性におすすめの腸内フローラサプリランキング

1位 ビセラ(BISERA)

ビセラ

価格

500円(初回)

3,980円(定期)

乳酸菌の種類ラクリス菌、EC=12菌、ナノ乳酸菌など
含有量1兆個
容量30錠(1ヵ月分)
総合評価
1日あたりの価格133円
  • 「生」菌が1兆個も配合された腸内フローラ
  • 体の内側から健康やスタイルケアをサポート
  • 特殊加工カプセルで菌を腸まで届けます
  • 初回は特別モニター価格の500円

公式サイトはこちら

お試し500円で購入する

 

2位 ラクビ(LAKUBI)

価格

500円(初回)

2,980円(定期)

乳酸菌の種類ビフィズス菌B-3 酪酸菌
含有量酪酸菌1700万50億個(1回)
容量30包(1ヵ月分)
総合評価★☆
1日あたりの価格104円
  • 各部門で1位を獲得したこともある大人気サプリ
  • 短鎖脂肪酸を作り出す酪酸菌を配合
  • 体内フローラをサポートしてくれる成分を1粒で摂れる
  • 初回は特別モニター価格の500円

公式サイトはこちら

お試し500円で購入する

 

3位 乳酸菌革命

価格

2,750円(初回)

3,000円(定期)

乳酸菌の種類ビフィズス菌・ラブレ菌・ガゼリ菌など
含有量500億個
容量62粒(1ヵ月分)
総合評価★☆
1日あたりの価格100円
  • 話題の乳酸菌に”3大乳酸菌”をプラス
  • 死滅せずに腸に到達できる、力強い「有胞子乳酸菌」
  • 耐酸性カプセルでしっかり届ける力をアップ
  • 定期コースで最大20%OFF

公式サイトはこちら

初回20%オフで購入する

 

 

腸内フローラを整えると期待できる効果

腸内フローラ」は、日々の食事や運動でも整えることができます。手軽に始められる方法としては、サプリメントが有効です。今回は話題性、試しやすさ、飲みやすさ、継続しやすさ、コスパの点でアンケート調査を行い、徹底比較いたしました。これからサプリメントで「腸内フローラ」を改善したいとお考えの方には必見です!

 

 

腸内フローラを知る検査方法

腸内ケアをするために、まずは自分の腸の状態を知っておくことが大事です。

自宅や病院できる腸内フローラの検査方法を紹介します。

検査キット「Mykinso」

「Mykinso(マイキンソー)」は、検査キットを使って自分の腸内フローラの状態を知ることができるサービスです。

検査キットを購入した後、都合のいい時に採便し郵送するだけで、検査結果を通常6週間程度でパソコンやスマートフォンから見ることができます。

便秘や下痢のタイプ判別や太りやすさ、腸のタイプなどを知ることができ、さらに、腸内細菌の多様性や割合など、細菌の状態を詳しくチェックすることが可能です。

自宅で手軽に腸内フローラの状態を知りたい方はぜひ試してみましょう。

公式HP:https://mykinso.com/

病院でも検査は可能

腸内フローラの検査は病院でも受けることができます。

自宅でできる検査キットと同じく、採便して腸内フローラの状態を調べますが、医師による専門的なアドバイスを受けられるのがメリットです。

腸内フローラは健康や美容に幅広く関係していることから、内科や消化器科以外にも、美容クリニックなどさまざまな医療機関で腸内フローラ検査が導入されています。

費用は3〜4万円程度が一般的ですが、費用や調べられる項目は病院によって異なる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

 

腸内フローラが悪化するとどうなる?

悪玉菌が増殖して腸内フローラが悪化すると、さまざまな問題を引き起こします。

便秘になる

悪玉菌が増えると腸の調子が悪くなります。

排便が滞ってしまうんですね。

腸が正常に機能しにくくなることによって、消化吸収といった機能にも支障が出てきてしまうんです。

肌荒れやニキビの肌トラブル

腸内環境が乱れると、免疫能力や代謝能力が下がります。

それらが下がることによって皮膚を再生できなくなってしまうんです。

体臭や口臭

腸の中が汚れると、腸内に悪臭が溜まります。

悪玉菌が増えて肝臓の働きが低下することによって、溜まった悪臭が血液に混じって全身を巡り、体臭や口臭としてその臭いを放つようになるのです。

太りやすくなる

悪玉菌が増えると、代謝能力が著しく低下します。

日常生活で消費するカロリーも低く、善玉菌が多い方より悪玉菌が多い方の方が、運動をしてもカロリーが消費されにくい傾向にあります。

肥満を引き起こす「デブ菌」も関係してきますね。

アレルギーが発症

悪玉菌は、大量のアレルゲン物質を作り出します。

それによって元からアレルギー体質の方は悪化し、アレルギー体質ではない方もアレルギーを発症してしまう危険性があります。

免疫力が低下

悪玉菌が増殖することによって、身体の免疫機能そのものが低下します。

免疫力が低下し外部からウイルスや細菌が侵入してくると、それらに勝てずに体調を崩しやすくなります。

発がんや動脈硬化

悪玉菌は増殖すると様々な有害物質を作り出すとされていますが、発がん物質を作り出すとも言われているんです。

なお、動脈硬化の原因にもなると言われています。

 

腸内フローラと加齢

内フローラは、加齢とともに変動していきます。

個人差はありますが、年齢を重ねるに連れて悪玉菌が増殖しやすくなります。

そのため、年齢を重ねるに連れて、善玉菌を増やす食材を食事に取り入れていくといいでしょう。

 

 

腸内フローラの増やし方

では、善玉菌や痩せ菌はどうやって増やすのでしょうか。

善玉菌は、日々の食事の内容や規則正しい生活によって増やすことができます。

食事や食べ物を改善

善玉菌を含む乳製品や発酵食品、漬物などを食べることによって増やすことができます。

ヨーグルトや納豆、キムチなどが効果的です。

また、海藻類やこんにゃくなどの水溶性食物繊維、オリゴ糖など善玉菌のエサとなる食材を食べるのも手段の一つです。

野菜や穀物も摂るように心がけましょう。

適度な運動をする

適度な運動をすることによって血流が良くなり、身体に蓄積していた老廃物が流されます。

身体を動かした振動で腸の動きが活発になり、善玉菌が活性化すると言われています。

睡眠不足を改善する

睡眠ホルモンであるメラトニンは、腸内細菌が生み出しています。

つまり、睡眠不足になると悪玉菌が増殖しやすくなってしまうんです。

逆に、メラトニンが分泌されにくいということは、腸内細菌が上手く機能できていないということでもあるため、善玉菌を増やしてみるといいですよ。

ストレスを溜めない

病は気からとは言いますが、実際に精神的な思いや気持ちが、身体に与える影響は大きいものです。

ストレスが溜まることによっても腸内フローラのバランスは乱れるため、ストレスは適度に発散するように気を付けましょう。

 

善玉菌・乳酸菌・ビフィズス菌は、同じもの?

A. 善玉菌というのは、そういった種類の菌がいるわけではありません。健康の維持など私たちに良い影響を与える菌を善玉菌と呼び、乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の一種です。
つまり、善玉菌・乳酸菌・ビフィズス菌は同じものではなく、「善玉菌」というカテゴリの中に乳酸菌やビフィズス菌が分類されているのです。
また、乳酸菌とビフィズス菌はどちらも腸内環境を整える働きがあるなど、似ているため仲間として考えられることも多いですが、実は性質が全く異なります。

 

まとめ

いかがでしたか?

腸内フローラや痩せ菌・デブ菌について紹介しました。

腸内フローラは、案外バランスが崩れやすいものです。

ヨーグルトなどの食べ物をはじめ、睡眠時間の改善やストレスを解消することで善玉菌を増やすことを心がけましょう。

食事や食べ物を改善することが難しい忙しい方は、サプリメントも摂り入れて腸内フローラを整えるようにしましょう。

 


Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kugr84br/virtue7.jp/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/content.php on line 94